楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中! セール品を見る

ipad【中古】どこで買う?イオシスやゲオは?注意点や値段や売ってる店舗紹介

スマートフォンより大きな画面で高画質、外出先でも使いやすいことが魅力なiPad。

映画や動画を観たり、SNSをチェックしたりできるだけでなく、スライラスペンを使って絵を描いたり、スケジュール管理をしたり、様々な使い道があります。

そんなiPad、タブレットとしては高価です。しかも、2022年にApple製品が大幅に値上げされました。
新品より手ごろな価格で購入したいところです。

中古市場では、さまざまなモデルや仕様のiPadが存在するので、自分のニーズに合ったものを見つけやすい、という利点があります。

さて、こちらの記事では「中古iPad」を購入する際の注意点、値段、売っている店舗などの情報について、ご紹介いたします。

\ ココで買える! /

日替わりお得情報!

楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中!

毎日10時に商品更新!

【24時間限定】でタイムセールを開催中

\赤字覚悟の24時間限定プライス /

目次

ipad【中古】どこで買う?売ってる店舗紹介

中古のiPadは、オンラインや中古販売店、リサイクルショップなどで手軽に入手できます。

購入時に製品の傷など直に確かめたい方は、実店舗がおすすめです。

特に、中古パソコン専門店などは動作も確認済み、かつ保証もつく店舗が多いです。

ipad【中古】取扱い店舗一覧
  • 中古PC専門店
    (じゃんばら、イオシス、パソコン工房、PCデポなど)
  • リサイクルショップ
    (ゲオ、ブックオフ、ハードオフ、セカンドストリートなど)

お近くに店舗がある場合は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

注意点として、中古店の場合は仕入れが安定せず、買取ありきの入荷なので種類に制限があります。

また、近くに店舗が無い方や好きなスペックでバリエーション豊富に選びたい方は、ネットショップでの購入がおすすめです。

世代やカラー、使用度合など様々な情報をもとに豊富な種類からご自身の好みと予算に合わせて選ぶことができます。

ipad中古はどこで買う?オンラインショップの紹介

中古のiPadは、販売形態によっても、iPadの状態や保証内容、価格など全然違ってきます。

中古品の場合、コンディション(キズ・汚れなどの状態)が表記されています。

このコンディションの分類基準もお店によって微妙に異なったりしますので、参考にしてみてください。

Apple認定整備済製品

Apple認定整備済製品とは、新品の初期不良品や店頭展示品などをリサイクルしたApple認定の整備プロセスを経て品質が保証された製品です。

以下のものが含まれています。

  • 新しいバッテリーと外装が使用されている
  • 完全な動作テスト、徹底したクリーニング
  • 必要な場合は、Apple純正パーツの交換
  • 出荷時に最新のOSを搭載した状態
  • 必要なアクセサリやケーブルとともに新品の箱に再梱包されている
  • Apple認定整備済製品に1年間のハードウェア製品限定保証付き
  • 90日間の無償テクニカルサポート付き
  • AppleCareに加入すれば保証を延長できる

新品同様なのに、新品と比較して最大15%引きの特別価格 です。

新品の初期不良の心配もなく 保証がしっかりしているので、一番安心して購入できる手段かと思います。

ただし、人気商品は品薄のようです。在庫状況は日々変化していますので、ぜひチェックしてみてください。

Appleの公式サイトApple公式(認定整備済製品)で購入できます。 

→Apple公式(認定整備済製品)はこちら

Amazon整備済み品

Amazon整備済製品とは、Amazon認定出品者によって整備・販売されている「再生品、展示品、開封品」などです。

Amazon認定出品者」とは?

Amazonが定める品質基準をクリアしている、販売実績があるメーカーまたは専門の第三者リサイクル業者

 だそうです。(※Appleではありません)

以下のものが含まれています。

  • 全項目診断、欠陥部品の交換、徹底的なクリーニング
  • 正常に機能するかどうかの動作確認と検査
  • 新品同様に見えるかどうかの外観検査
  • バッテリーは、元の電池残量の80%以上
  • 一般的な箱に再梱包されている
  • 365日のAmazonサポート付き

また、iPadのコンディションは「非常に良い」「良い」「可」の3つに分類されるようです

非常に良い良い
外見の状態非常に良い良い使用可能な状態
スクリーン傷なし傷なし浅い傷
(画面をオンで見えなくなる程度)
本体損傷なし
(30cm離れて見て)
ほとんど損傷なし
(30cm離れて見て)
触ってわかる傷あり
30cm離れて見える傷あり
機能面完全完全完全
バッテリー元の電池残量の80%以上元の電池残量の80%以上元の電池残量の80%以上

 ※実際に整備済み品を検索してみたところ、ほぼ「非常に良い」商品でした。

現在の価格帯は、25,800円[iPad mini 4 /16GB] ~ 203,000円[iPad Pro(第6世代) 512GB]

取扱いモデルやスペックの幅が広いだけに、価格帯も広いですね。

こちらは、Amzon公式サイト Amazon Renewed – Amazon整備済み品 で購入できます  

Apple(アップル)
¥29,000 (2024/07/05 18:28時点 | Amazon調べ)
Apple(アップル)
¥36,400 (2024/07/05 18:28時点 | Amazon調べ)

楽天市場

大手通販サイトの楽天市場では、デジタル商品の販売店や商社中古専門店や、リサイクルショップなど、さまざまな形態のお店が出店しています。

そのため、iPadの状態や価格もさまざまです。

商品の状態は、店舗によって掲載画像やコメントを記載していますが、
アクセサリなど同梱品の有無や保証内容も出店店舗によって異なるので、よく確認することが必要かと思います

現在の中古iPadの価格を(一例として以下モデル)見てみました。

iPad 第9世代(10.2インチ) 64GB(Wi-Fi ) 38,000円 ~ 66,800円
iPad 第7世代(10.2インチ) 32GB(Wi-Fi + Cellular) 28,000円 ~ 48,000円

「新品」や「未使用品」を扱っている出店店舗も多いので、高値はほぼ定価と変わらないくらいです。

楽天ポイントの還元分を、周辺機器やアクセサリの予算に充てられるのが、メリットかもしれません。

ブックオフ オンライン

大手リサイクルショップのブックオフでは、書籍・DVD以外にも店舗によってスマホやタブレットを取り扱っています。

ブックオフのオンラインショップでは、書籍・CD・DVD・ゲームの取り扱いとなり、現時点で中古iPadはありませんでした

実店舗の場合、各店舗の入荷状況によりあるかどうか異なります。

店舗に電話で確認するか、近くの店舗に足を運んで見に行くのが確実かもしれません。

また、類似店舗の「ハードオフ」もありますが、こちらも中古品買取店なので、入荷ありきでの販売になるようです。 こちらは、オンラインでの購入も可能です。

→ハードオフオンラインサイトはこちら

イオシス

「けっこう安い。」が目印のイオシス、こちらはスマホ・タブレットの中古専門店です。

秋葉原などの実店舗(現在全国に11店舗)とオンラインショップで、豊富な在庫が売りです。

専門店として取り扱っている分、信頼感があり、独自の保証もあるので安心できます。

  • 自社で仕入れから整備、再商品化まで一括で行っている
  • データを完全消去、動作チェック後商品化(商品の状態によって、ランクA、B、Cに分類される)
  • 問題発生時のサポート
  • 中古品でイオシスの3か月保証
  • イオシス独自の延長保証とサポート「イオサポ(別途有料)」がある

 中古品コンディションの主な分類は

 Aランク・・・使用感、傷などが少ない美品

 Bランク・・・特に目立つ傷がない。経年劣化に該当する使用感がみられる

 Cランク・・・経年劣化に該当しない目立つ傷、ひび割れがある。付帯パーツの劣化または欠品あり

  ※他に「新品」「未使用品」などがあります

価格は機種と状態によって、かなり幅がでます。

とにかく取り扱いモデルも在庫も豊富なので、人気の機種を「安く買いたい!欲しい機種を見つけたい!」と思うなら

一番選びやすいお店かもしれません。

→イオシスはこちら

ゲオ オンライン

DVD、CDレンタルを主として、新品中古のゲーム、古本などの販売も行っているメディアショップ「ゲオ」

ゲオでは、中古スマートフォンやタブレットの販売、買取も行っています。

こちらも、実店舗とオンラインの両方で購入可能です。

  • データは完全消去済、細部までしっかりクリーニング
  • 独自のキャンペーンやセールがある
  • ゲオオンラインストアのサポートセンターがある
  • 初期不良は30日間の安心保証

 中古品コンディションの主な分類は

状態A・・・液晶に傷がない、使用済でも良好な状態。動作や機能に全く問題がない。 微細な傷・汚れがある

状態B・・・液晶に薄い傷あり、使用回数が多い。傷・汚れ・塗装ハゲがあるが使用するのには問題ない状態

状態C・・・液晶に傷があり、全体的に傷・汚れ・塗装ハゲはひどい(ヒビ割含む)が使用、動作に問題がない状態
   ※他にも「状態S」・・・未使用品などがあります

オンラインでは、どの店舗にあるかを確認できるので、近ければ実際に状態を見に行くことができます。

→ゲオオンラインはこちら

ipad中古品を購入する際の注意点

引用元:apple公式

iPadOSのサポート期間

サポート期間は、販売時期から5年程度と考えるのが妥当です。(購入日から5年ではないです)

サポートには、大きく分けて「修理可能な期間」と「最新OSの提供期間」があります。

修理可能な期間

ハードウェアや部品の修理(受付)ができない。

最新OSの提供期間

・iOSのアップデートが提供されない。

 ※iOSが最新でないと、既存バグが改善されないこと や セキュリティ面への影響 があります。

 ※使用していたアプリも非対応となり、使えなくなる可能性もあります。

 中古品を購入する場合は、モデル選びにも注意が必要かもしれません。

ちなみに、Apple社で「ビンテージ製品」「オブソリート製品」という呼び名があり、

Appleの公式サイトで公開されていますが、製品リストに載ると、サポート終了となります。

 保証期限の切れた Apple 製品の修理サービスを受ける

ビンテージ製品  ー 生産(Appleから販売店への供給)終了してから5年以上 7年未満経過した製品

 ビンテージになってしまうと、部品の供給は終了してしまってるので、修理できない可能性が高いです。

オブソリート製品 ー 生産(Appleから販売店への供給)終了してから7年経過した製品

 サポートは一切受けられません。

古めのモデルを購入する場合は、チェックしておくとよいと思います。

バッテリーの劣化について

バッテリーの寿命は、使用状況や充電頻度によって異なりますが、期間として約2年~3年程度が多いようです。

iPad自体でバッテリー診断はないので、劣化してるかどうか判断したい場合でも、Apple Storeや公認のサービスプロバイダに持ち込む必要があります。

バッテリーが劣化すると?

  • フル充電した時の「最大容量」が減るので、電池の減り方がどんどん早くなります
  • 長年使用すると、バッテリーパック内にガスが発生して膨張することもあります
  • 膨張したバッテリーパックによって画面や基盤が損傷したり、爆発・発火する恐れもあります

「バッテリーパックの膨張」まで行くと、かなり危険です。その前にバッテリー交換しましょう。


普段の使い方がバッテリーの状態を左右します。

2年以上経過していたり電池の持ちが悪くなってきたら、以下をお試しになってみてください。

電池の消費を抑える

  • 画面の明るさを下げる
  • 使っていないアプリは閉じる
  • 使用していないときは、できるだけ通信(位置情報、Bluetooth、wifiなど) をオフにする
  • フル充電で、充電し続けない
  • 充電する時、機内モードにする

キャリア版iPadの場合

iPadには、Wi-FiモデルWi-Fi+Cellularモデル の2種類があります。

キャリア版(Cellular)は、Wi-Fiが近くにない時でも、携帯電話の通信機能を使ってインターネットに接続できます。

 ※各プロバイダのモバイル通信プランへの登録が必要です。

外出先でiPadを使うためにモバイルルーターを持ち歩いたり、WiFiがある場所を探し回ったりする必要がありません。

iPad単体でのプランは、かなり高額になってしまうので、おすすめはできませんが、

スマートフォンとセットの(スマホとデータ量を分け合える)プランがあるので、ご参考にしてみてください。

docomoausoftbank
セットプランの料金
(大手3社)
データプラス
1,100 /月
タブレットシェアプラン
1,100 /月
データシェアプラス
1,078円/月

各社とも、スマートフォンの契約プランに条件があったり、料金プランの変更は頻繁だったりするので、ショップなどで確認することをお勧めします。

ipad中古の値段は?mini 4やair 2の相場など調査

iPad中古の値段は?

上記「売っている店舗」の記事内でも、一部相場を載せましたが

こちらでは [ iPad ]の相場(世代やコンディション、スペック、販売店舗は混在)で出してみました。

「この程度から買えるんだぁ」というレベルで見ていただければ幸いです。

(ちなみに、フリマやオークションなどの個人取引は含みません)

※ジャンク品(難あり)と記載があったものは除いています。

最安最高
8,300円iPad2 / 16GB (Wi-Fiモデル) 66,800円 iPad(第9世代)/64GB(Wi-Fiモデル)

mini4 やair2の相場は?

iPad mini4(2015年発売)

コンパクト設計のため「手軽な大きさ」が人気です。

持ち運びに優れているので、電車内でのネットサーフィンや読書・動画視聴などをしたい方には特におススメです。

※ジャンク品(難あり)と記載があったものは除いています。

最安最高
11,800円Cellular/32GB 33,200円 Wi-Fi /16GB

iPad air2(2014年発売)

薄型でノートPCのような使い方ができる優れものです。

Proほどではないですが、高性能なスペックなので、ちょっとした絵を描きたい方やスケジュール管理など、ビジネスでも十分活用できる性能です。

 ※Air2 は2022年、ビンテージ製品リストに追加されました

※ジャンク品(難あり)と記載があったものは除いています。

最安最高
12,660円 Wi-Fi /16GB  30,580円Wi-Fi+Cellular/ 32GB

ipad中古品について知恵袋などによくある質問

整備済みiPadとはどういう意味ですか?

Appleの整備済製品は、展示品・初期不良など返品商品を修理をして、新品と同等の動作確認されたものです。

iPad と iPad AIR は何が違うの?

一番の違いは、iPad Airのフルラミネーションディスプレイ。Apple Pencilを使って絵や文字を書く時、紙に書くような自然さで、書きやすさが全然違います。

iPad 何年くらいもつのか?

使い方によりますが、普通に使えば5、6年は持つでしょう。バッテリーは劣化するので交換が必要ですけどね。

iPad 絵を描くなら何世代?

絵を描くなら、とにかく容量は大きめ、スペック高めがいいです。プライベートでイラスト描く程度なら、第8世代か、Airで十分。本格的に絵を描くのであれば、Proですね。グラフィックの滑らかさが違います。

中古iPadはどこで買う?購入方法まとめ

こちらの記事では、中古iPad購入に関する情報をご紹介しました。

AppleやAmazonで扱う「整備済製品」と、通販サイトや中古専門店で扱う「中古品」
商品の状態(外装やバッテリー)、サポートの有無や保証内容はさまざまです。

お得感安心感どちらを重視するかによって、探し方見るポイントが違ってくると思います。

中古市場ならタイミングが合えば、最高の相棒となるiPadがお得に購入できるかもしれません。

ぜひ、ご参考にしていただけるとうれしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次