\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

macを安く買う方法!型落ちなど新品が安くなる時期やスペック・モデルの選び方

アメリカの大企業であるApple社。

iPhoneで有名ですが、パソコンシリーズとして販売しているのがMacです。

PC本体の開発、製造をすべて自社のみで行っているようです。

デザイン性がお洒落なものが多く、高解像度できれいなディスプレイなのが特徴です。

また、Macは細かいスペックや、仕様に悩まされることがなく選びやすいと考えられます。

お値段は高めで手がなかなか出せないのがデメリットですよね

今回はMacを安く買える方法や、選び方など調べてみます!

macbookをお探しの方はこちら!

各ショップ検索結果一覧
日替わりお得情報!

楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中!

毎日10時に商品更新!

【24時間限定】でタイムセールを開催中

\赤字覚悟の24時間限定プライス /

目次

macの新品を安く買う方法

家電量販店で買う

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、K’s電機などで購入できます。

モデルチェンジする時期は、型落ち商品が安くなる時期です。

型落ち商品でよければ、モデルチェンジ前の価値が下がるためコストを抑えて購入できます。

決算時期や年末年始なども売出しやセールとして安くしてる傾向が多いため、安くなるタイミングです。

場所にはよりますが、ポイント還元で安くしているお店もあります。

ポイント還元や、ポイントを使って安く購入できることもあるので、店員さんに聞いてみることをお勧めします。

Appleストア・Apple公式サイトで買う

基本的に値引きされることがないようです。

毎年、1月2日と1月3日のみAppleの初売りセールを開催しており、直営店または公式サイトで対象商品を購入することができます。

また、還元として購入すると次回から使えるギフトカードがもらえます。

*還元率は様々なので、何%と正確なことはいえません。知っておきたい方は店舗に聞いてみると良いでしょう。

Amazonで買う

Apple公式サイトだけではなく、AmazonにもAppleの公式サイトがあります。

Amazonで購入することでポイントが付与されることもあります。

また、Apple製品の購入時だけではなくAmazonギフト券でチャージしてから購入することにより、ポイントの還元がされるようです。

Amazonギフトのポイントはチャージする金額により、還元率が変わります。

高額チャージをするほどポイントが多く還元されるので、macの購入時にはお得になるのではないでしょうか。

楽天リーベイツを利用して買う

楽天をよく使う人には、楽天リーベイツの経由でApple製品を購入することをお勧めします。

楽天リーベイツとは、楽天が運営しているポイントバッグサービスで、リーベイツを経由することでブランド公式ストアで楽天ポイントが貯まります。

先に楽天リーベイツに会員登録することが必要となります。

楽天リーベイツを経由しApple公式ストアで購入することによって、1%ほどの還元率にはなりますがポイント還元がされます。

学割で買う(学生・教職員)

Appleの公式ストアでは学生・教職員の方向けの価格で購入することができます。

対象になる方は、大学生・高校専門学校・専門学生・学校の進学が決まった生徒・そのご両親・教育関連の教職員の方です。

「学生・教職員向けストア」から購入するだけなので、簡単に購入することができます。

学生さんや教職員の方だけではなく、学生さんのご両親まで条件にあてはまるのは嬉しいポイントですよね。

条件が幅広く、安く購入できる方法となるので当てはまる方は専用サイトで確認することをお勧めします。

学習教材のセット販売で買う

引用元:ヒューマンアカデミーたのまな

ヒューマンアカデミーが運営している「たのまな」では、お家でスキルや資格を取得することができます。

在宅ワーク講座のみにmacがついてくるコースがあります。

在宅WORKスタートパックPC付きコース」といって、安く購入ができる方法です。

WebデザイナーやWebディレクター、動画編集のスキルを身に着けることができます

「在宅ワークに興味があるけどスキルがない」「在宅ワークしたくてもスキルもパソコンもない」

そんな方にはスキルが身に着ける中でmacもお得に購入できるセットがお勧めです。

\ 今なら講座10%OFFキャンペーン実施中!PC付きコースも対象! /

macをとにかく安く買う方法

Apple整備済製品を買う

Appleには、修理されたApple認定の商品「Apple認定整備済み製品」というものがあります。

Apple公式ストアにあるので、確認してみることがお勧めです。

認定整備済製品とは、Apple認定の整備されたもので品質が保証されている製品となります。

1年間の製品保証がついていて、すべてのデバイスにアクセサリーやケーブルなどが備わっています。

人気の製品にはなるので、細やかなチェックは必要になる可能性が高いです。

安くmacを購入したい方は新品同様の品質となるので、選択の1つにするといいかもしれません。

中古品を買う

納得できる品質がたもてるのであれば中古という選択肢もあります。

ソフマップ、パソコン工房、イオシスなどで購入することができます。

約3分の1の価格で購入できたり、店舗の保証がつく可能性もあるので、安心できると考えられます。

イオシスだと独自の3か月保証があるようです。

スペックが足りているのか、傷の有無、バッテリー容量が問題ないかなど確認しておく注意点はあるので、気を付けて選ぶことが必要です。

メルカリなどフリマアプリで買う

メルカリやフリマアプリで活用することもできます。

専門的なパソコンショップより安くで購入することが可能です。

オークション形式ではないため、購入しやすいのではないでしょうか

出品者によっては掘り出し物がでてくる可能性もあるので、探してみるのもいいですね

一方、品質の保証はできないため、自己責任となります。

説明不足のこともあったり、トラブルが起こりえることもあります。

個人売買になってしまうので、保証が効かなかったり、ウイルス導入の危険性、故障している場合もあるといったリスクが存在します。

デメリットが問題ないのであれば、メルカリなどのフリマアプリは活用できると考えられます。

macが安くなる時期は?

家電量販店の決算セール

家電量販店では、年末年始セールが1番安いようです。

冬ボーナスと在庫処分が重なるため安く購入できるそうですよ

決算セールのときに展示品や在庫限りなどのものがあると、比較的安く購入できる可能性が高いです。

決算時期や、7月・12月のボーナス時期、3月あたりの新生活応援セールが主なセール時期となっています。

このようなセール時期を狙うと安く購入できます。

総決算時期が3月、中間決算が9月なのは同じような決算時期ではないでしょうか。

ビックカメラはお盆ごろと2月がセール時期となり、ほかの家電量販店と決算時期がずれていることが特徴です。

Amazon タイムセール祭りやプライムデーなど

Amazonでは時々セールをしており、安く購入することができます。

Amazonプライムデーとタイムセールでは安く購入することができるタイミングです。

7月中旬頃が、プライムデーが開催されるのではないかと予想されています。

不定期ですが、ほぼ毎月開催されているのはタイムセール祭りだそうです。

プライムデーはプライム会員限定のセールで一般ユーザーには解放されていないため、プライムデーを狙うのであれば、プライム会員になっておくことが必要になります。

タイムセール祭りは、開催日の18時から3~5日間行われています。

タイムセールには特選タイムセールと数量限定のタイムセールの2種類があります。

特選タイムセールでは人気商品に絞っ た日替わりセールで、数量限定タイムセールでは商品ごとにセール開始時間が異なっていて数量限定のセールとなっています。

数量限定タイムセールは日常的に行われているそうです。

タイムセールやプライムデーにmacがお安く販売される可能性もあるので、常に確認することをお勧めします。

楽天市場の各種セール

楽天にはスーパーSALEがあり、年に4回3か月周期で開催されるキャンペーンをしています。

200万点を超える商品が最大半額以下の値段になっているそうで、割引商品を検索することもできるので、気軽に確認してみることができます。

楽天スーパーSALEの期間に1000円以上の買い物をしたショップの数によってポイント還元がされるそうです。

楽天スーパーSALEには参加が必要で、エントリーをしなければいけないので、注意が必要です。

SALEの開催月は、3月・6月・9月・12月で、おおよそ1週間ほどしています。

他にも、お買い物マラソンというセールもしています。

お買い物マラソンは、年間8回ほど開催していて楽天スーパーSALE以外の月で実施しています。

ポイント還元がされるのは、楽天スーパーSALEと同じです。

macのモデルどれにする?選び方

最新モデルか型落ちどっちがいい?

最新モデルになると、新品のため開封を楽しめたり誰も触っていないということが良い点です。

型落ちとは違いスペックが上になると考えられるので、より安心で安全ということが1番のメリットです。

ただ、基本は定価購入となりカスタマイズすると高額になると考えられることがデメリットではないでしょうか。

型落ちモデルになると、どれくらいの型落ちかにはなりますが、公式で販売していない中古のモデルになるほど安くはなります。

値段が安くなるメリットともに性能や品質がたもたれない可能性もあるので注意です。

Apple公認の整備品ですと、品質や性能がたもたれ、保証もついているので型落ちならばオススメです。

ノート型・デスクトップ型どっちがいい?

ノートパソコンとデスクトップどちらのほうがいいか悩みますよね

ノートパソコンでは薄く折りたためることができ、持ち運びやすいのが特徴です。

バッテリーを内蔵しているため、充電すればコンセントがないところでも使用できます。

デスクトップパソコンは決まった場所に設置し、動かさないことを考えて使用するのが特徴です。

電源に繋げながら使用する必要があるので、コンセントの近くに置かなければいけません。

モニターやキーボードは別売りですが、好みの周辺機器をそろうことができたり、快適な作業環境を整えることができます。

色んな場所に持ち運んで作業したい方や、電車など電源がないところでも使用したい方には、ノートパソコンがオススメです。

PCゲームや動画や画像編集をしたい方に向いています。

一方、決まった場所でしか作業しない方や動画編集、PCゲームをしたい方にはデスクトップパソコンが向いています。

設置場所を大きくとりますが、大型モニターや周辺機器のカスタマイズもできるので、自分好みにできます。

MacbookProとMacbookAirどっちがいい?

MacBook Proはグラフィックなどの性能が高く、プロユーザー向けとして販売。

MacBook Airはエントリーモデルとして手ごろな価格で販売。

動画編集や重たい作業をする予定がない方にはMacBook Airで問題ないようです。

MacBook Proはサイズ、ポート数、CPU、ストレージと選べる項目があり、価格が高くはなりますが高スペックな性能があります

使用される目的や環境で自分にあったほうを選ぶのが得策だと考えられます。

macのスペックの選び方

CPU

CPUとはパソコン上の計算処理や制御などおこなう頭脳にあたるパーツで、性能により価格も変動します。

CPUをはかる箇所として、コア数・スレッド数・クロック周波数・キャッシュ容量・内臓グラフィックがあります。

・コアはCPUの核となる部分で数値が高いほど処理能力があり、価格も上がります。

・スレッドはCPUが実行する処理の単位をいい、同じスレッド数が同じCPUであればコア数が高いほうが性能が良くなります。

コア数とスレッド数が多いほど、処理速度は上がり速くなります。

・クロック周波数はCPUの処理速度のことでGHz(ギガヘルツ)表されおり、1秒間での処理速度を示しています。

数値が高いほど処理速度が速いということになります。

・キャッシュ容量とはCPUに内蔵されている高速のメモリのことで、外部から読み込むデータを一時的に保管しておく場所のことです。

容量が大きいほど処理速度も速くなります。

・内臓グラフィック

CPUに内蔵されているグラフィック機能を示していて、パソコン上で処理した情報をディスプレイに表示する機能のことです。

メモリ

メモリは、1度にどれくらいの作業領域を広げられるかということです。

広ければ広いほど同時処理をすることができます。

Macは購入時にメモリ容量を決めておく必要があり、Proは特に購入後にメモリを増設することができないため、注意が必要です。

最低でも16GBあれば安心だと考えられるので16GB以上をお勧めします。

SSD(ストレージ)

ストレージはMacのデータ保存場所のことです。

多ければ多いほど、たくさんのデータを保存することができます。

Airで256GB、512G、1TB、2TBのSSDストレージを選択できるようです。

ストレージが多いほど、値段も高くなります。

画面の大きさ

画面のサイズの大きさは、種類によって変わってきます。

MacBookで12インチ、McBook Proで15.4・13.3・14・16インチ、MacBook Airで13.3・13.6インチの種類があります。

インチ数が大きいほど、画面サイズが大きくなります。

Macのおすすめカスタマイズ

Appleストアで購入すると好みのカスタマイズをすることができます。

通常の販売店やネットではカスタマイズすることができないので注意です。

MacBook Proを選択したほうが上位のカスタマイズが選べるようになっているそうです。

①プロセッサ:性能重視であればアップグレードすると良いです。

ハイグレードなものほど処理速度が速くなるので、動画編集や重い作業をする場合など処理能力が求められる作業が必要な場合オススメです。

②メモリ:大きいほど多くのアプリを立ち上げても遅くなることはないです。

14・16インチのMacBook Proでは、32~64GBまでアップグレードができるので、したい場合は上位機種を選んだほうがいいです。

③容量ストレージ:512GB(+28,000)か1TB(+56,000)が性能的にはお勧めですが、値段が跳ね上がるためそれほど容量を使わない人はアップグレードしなくても問題はありません。

④キーボード:日本語のJIS入力に慣れている場合は問題ないです。

⑤プリストールソフトウェア:動画や音楽編集をする方は追加検討してもいいです。

macを安く買う方法について知恵袋などによくある質問

Macの強みは何ですか?

ハードウエアをAppleが一貫して製造・販売していることです。

高い連携性があり、トラブルに強く、動作がスムーズです。

Macは何年使えますか?

寿命はおよそ4年から8年です。

あくばで目安なので、使用頻度や使い方・製品の状態によって年数が変わってきます。

古いMacはいつまで使えますか?

apple公式サイトによれば、1人目の所有者を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年と評価しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長くという一文もあるため、使用状況や目立った不具合がなければ4年以上もつ可能性もあります。

MacOSをアップデートしないとどうなりますか?

更新しないと、セキュリティが危険にさらされます。

ウイルスデータベースを更新する必要があります。

まとめ

Apple製品のmacについて色々と調べてみました。

安く買う方法もたくさんあるので、サイトを確認したり店舗に足を運んでみてもいいです。

ご自身の使用頻度や使用する目的などにあった製品を選択して、快適なMac生活が送れるようにしたいですね

カスタマイズをしたいとなると、Appleストアのみになってしまうので安く購入は難しいです。

中古品に抵抗がある方や中古品を購入する方もAppleの認定済整備品だと、安く品質や性能、保証がついているので安心して購入することができます。

色んな選択肢から環境にあったものを見つけれるといいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次